冷え性で夏のクーラーや寒い季節は、筋肉がカチカチに固まってしまって椅子から立ち上がるときにゆっくりした動作でないと筋肉や節々が動かなくなってしまう年代に突入しました。

 

40代後半以降、結構体の外見的な衰え、体力的な衰えががくがくとくる時期なんです。

年のせいもあり、冷え性がつらい年代になったのかな?とも思ってました。

でもこの現象、いつものかかりつけの内科のお医者さんに聞いたら、ストレスからくるものかもしれないと言われました。

 

冷え性の原因をこれって特定することは難しいけど、この症状が原因かもという診断は下してくれるんです。

それで今回はストレスからくる冷えの原因を緩和する働きのある体をあっため、頭の中を余計な不安なことを考えないように集中できるヨガの運動の紹介と、ストレス緩和するとフランスでもお土産にあげると喜ばれる評判のぐっすり寝るための体を芯から温める温浴剤や冷え性快適グッズ等を紹介していきます。

 

フランスでも快眠のためのサプリメントやストレス緩和の自然、オーガニックな原料のサプリメントはドラッグストアでもモノプリやカジノ、イーペーマルシェでも買えるんですよ💛

 

ストレスが原因?冷えにも効果のあるフランスでも評判のヨガ2選

ストレスによって心臓がドキドキし、呼吸が浅くなったり、早くなったりして動悸を感じたり、そのため血管が一時的に細くなるため、血流が一時的に悪くなりカラダが冷えやすくなるということが専門書から分かっています。

 

私もそうフランス在住のときにスポーツ医に診断されました。

 

そのため、体をあっためながらリラックス効果、あるいは眠くなる効果のホットヨガをインストラクターから教えて頂きました。

 

クジャクの羽のポーズ(ピンチャマユーラーサナ)の効果

 

このヨガ効果は特に次のような効果があります。

とくにお腹の筋肉の強化、ストレッチやバランス感覚を向上させます。また普段とは真逆の方向性に体を支えるため、血流が下がり、結果、脳を休めませたり、血の流れも逆になるため体が温まる傾向にあります。そのためストレスた軽いうつ症状にも効果があるといわれています。

クジャクの羽ポーズ(逆転ポーズ)のやり方

逆立ちの要領で壁に向かって行います。

壁に向かって、床の上に手のひらと前腕をつき、足を壁に振り上げます。

 

クジャクの羽ポーズ(逆転ポーズ)のコツ

前腕と肩幅が同じ幅になるように、また平行線になるように保ちます。

一度に逆さのポーズがでいない場合、手と腕をついて、足を片足ずつふりあげるホップの練習をするといいですよ。

注意!

腰を反りすぎる格好になると、腰を痛めやすいのでできるだけ床から垂直にまっすぐに尾てい骨から肩甲骨までの筋肉を伸ばしながら、ポーズを保てるようにすると腹筋も背筋力もついてきます。

 

クジャクの羽ポーズ(逆転ポーズ)の時間

最初は慣れていないヨガ初心者であれば10〜15秒ステイで大丈夫です。

慣れたら、1分ステイできるようにします。

1分休憩

同じ動きを3回繰り返します。

 

安楽座(スカーサナ)の効果とやり方を解説

このヨガのポーズのもストレスでぎゅうぎゅうになった脳を休める効果があり、背筋を強化や膝と足首を柔らかくするためのストレッチ効果もあり、結果として筋肉が柔らかくなるため血の巡りもよくなり体が温まります。

 

安楽座(スカーサナ)のやり方

  • 下にヨガマットを敷く
  • すねを交差させる
  • 両膝を力なく横に広げられる角度まで開く
  • 足をそれぞれ反対側の膝の下に入れる
  • 膝を曲げ、両足を折り曲げます

 

安楽座(スカーサナ)のポイントやコツ

両足を力まずにリラックスさせること。両足と骨盤の間に少し自然なすき間ができます。

安楽座(スカーサナ)で筋肉を伸ばしリラックスさせる方法

尾骨周辺の筋肉は床側へ伸ばします。同時に、仙骨(お尻の骨)中心から肩甲骨をとおり首筋~頭の上へ筋肉を伸ばし続けるように座るポーズを保ちます。

 

安楽座(スカーサナ)の注意!

腰を反らせすぎると腰を痛める原因にもなるし、お腹を出しすぎのポーズになってしまうので注意が必要です。

 

体の中から温める効果のある時間

腹筋や背筋の相乗効果も期待できるポーズです。血流がよくなり体の内側から温めるにはそれなり時間をかけて行うといいです。

特に冬や寒い時期は、ある程度厚みのあるヨガマットやバスタオルを敷き、床からの冷たさを直接肌に感じさせないようにしましょう。

 

3分ほど安楽座(スカーサナ)のポーズで進行給しながら呼吸を整え、頭で何か考えることをせずひたすら座って姿勢を保ちます。

1分ほど休憩

同じ動きを3回~5回繰り返します。

 

結局、冷え性に効能がある売れ筋がいい人気入浴剤とヨガ無料体験をトライ

極度の不安や心配なことがあると、脳は常に動きっぱなし。頭をフルに朝から晩まで使っていることになるので、かなりのエネルギーを消費します。

 

そのために適度に脳をお休みさせてあげることが必要になってきます。この時間調整が取れないことで、冷えを感じたり、食欲不振だったり、疲れやすかったり、無気力だったりと、日常生活でいろいろと支障が出てきてしまいます。

 

つまり脳にも適度な休息をとてあげることで、ストレスがたまりにくくなり、リフレッシュされ、結局は二次的な結果として冷え性も緩和されてきます。

 

漢方は自然の原料をもとにしているので、西洋の薬と比較し、効き目は穏やかであるときもありますが、体の内部には負担をかけにくいといえます。

 

さて、ホットヨガ講座で実際に体を温めることを実践したり、脳を休ませるオーガニックな原料の入浴剤を継続して体の中から温めることも冷え性改善にフランスのヨガーではとっても人気な方法です!

 

今ならお試しレッスンが無料【Bodies】➡

イルコルポ ミネラルバスパウダーアロマコレクション➡

別府温泉入浴剤「るんるんの湯」➡

 

 

ダンスでダイエットを成功したい人向け、売れ筋人気栄養サポート4選

バレリーナの食事サポートとダイエット口コミ厳選特集

おすすめの記事