バレリーナの食事:低糖質食事でどのくらいで痩せるの?

アメブロで糖質制限のマクロビ食事ダイエットでどのくらいの期間でどのくらい痩せるか?を気にされる方からお問合せを頂くことが多くなったため、ここで自分が実際に行ってみた経験と、トライアルで実際にダイエットマニュアルを実践した読者の方の実例を出しながら、本屋ネット情報にない実際の体験をもとに一つの答えを出していきたいと思います。

 

低糖質・高たんぱく食ダイエットマニュアルを続けた場合体重1キロ痩せるのに理論的にどのくらいで痩せる?

 

最初にダイエットマニュアルを続けた場合に、体重1キロ痩せるのに理論的にどのくらいで痩せるかをカンタンに説明していきます。

まず体重1キロやせるためにどのくらいの脂肪をなくせばいいのか?

ダイエット食や健康食のタニタから発信しているネット情報によると体重1キロやせるために約7200キロカロリーを消費させなければいけないといわれてます。

 

これを踏まえて計算すると脂肪1kgを消費するのに必要なエネルギー(カロリー)は、9kcal×1000g×80%=約7200kcal 程になります。

 

参考https://www.tanita.co.jp/health/detail/28#:~:text=%E3%81%93%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%A6%E8%A8%88%E7%AE%97,%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8A240kcal%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

その疑問にまずお答えします。
糖質制限を一週間だけ行っても本当の意味では痩せません。

 

7200キロカロリーってどのくらいなのかって一瞬では想像つきませんよね?

そこで家事や身近な運動でイメージしていきたいと思います。

 

運動嫌いズボラ専業主婦が太る原本当の原因

 

身近な家事作業からみていくと・・。

 

一番多い消費カロリーが「料理」でも、30分台所に立ちっぱなしで調理していてもたったの70キロカロリー前後しか消費しません。

 

1日専業主婦が3回30分キッチンで料理したところで、消費カロリーはたったの70キロカロリー×3回=210キロカロリー

 

 

意外と重いゴミ出しだと数分だけどけっこう消費カロリーを使うと思ったら、それほど痩せる効果はないことが意外でした。

 

ゴミ出し1回たったの11キロカロリー

 

いかに専業主婦で体を動かす趣味ももっていないと痩せにくい生活環境だと実感するでしょう。

 

ウォーキングや趣味の習い事で運動してもすぐには痩せない事実?

最近はピラティスやヨガ、バレエ等、体を動かす趣味をもつ大人の人が増えました。目的はそれぞれ違いますが、ダイエットのために始めたという人も少なくありません。

 

運動しているから安心、脂肪がつきにくい引き締まった体になれる!と希望をもって続ける大人たちは多いのですが、安易にそう思わないほうがいいかもしれません。

健康的でいいことなのですが。

 

身近なスポーツで一般の人でもやりやすいスポーツの中で、例えば水泳を30分したときは約250キロカロリー前後の消費量となります。

 

どうでしょう?

体重1キロを痩せるには7200キロカロリーの脂肪を燃焼させることが必要でしたよね?

 

家事と運動30分を組み合わせた生活をしていても思ったほど1か月でそれほど痩せないという事実が浮かび上がってきました。

あるロカボレベルの糖質制限食事方法で痩せた実体験

私は筋肉が柔らかい体質なので、痩せてもスレンダーに脂肪が少なくみえる体系ではありません。

 

しかし痩せると自己満ですがいくらか引き締まった体形になることができたので、ここでどのくらいの期間でどのくらいの体重が痩せたのかを情報提供します。

 

まず3サイズから

 

身長:160㎝
B:82(D65)
H:78cm
ダイエット前の体重:48~50キロ
➡2か月半ダイエット後の体重:44~46キロ弱(ダイエット中・後)

 

 

あくまでこの糖質制限の食事をしてプロテインをメインに取りながら2か月半ほどたった体重ですが、私自身は約3~4キロ痩せることに成功しています。

 

 

糖質制限ダイエットを行ったメリット(自己体験)

糖質制限のレベルでも穏やかなロカボダイエットをすると、個人的な場合ですが2か月半で約3~4キロ痩せることができます。

 

ダイエット中特融の甘いもの食べたい、お腹がすいたと感じることはありません。お腹がすけば食べていい食材のものは好きな時間に食べているからです。

 

ダイエット中はしっかり体に入れるべき糖分もロカボ食だと食べることができるので、甘いものが食べたい!というストレスはないので、他のダイエットや食事療法よりもかなりちょっとずつ痩せていく自分の姿を確認しながら楽しみながらダイエットすることができてます。

 

ロカボレベルの糖質ダイエットの自分なりのデメリット(自己体験)

ロカボ食のレベルで糖質ダイエットを継続したときのデメリットと感じる点は、週末に友人や家族と食事を楽しむときに、糖質や食材を考えながら料理されたものを自分なりにチョイスしなければならないということです。

 

外食した時は特に、ほとんどの調理でお砂糖が使われています。調理する段階で直接お砂糖を使っていなくても、ソースや調味料にお砂糖が加えられていることがおおいので、それも考えて糖質の量をざっくりとイメージすることが必要になります。

 

たとえば調味料だけでも次のように加工されているものにはお砂糖が含まれていることが多いです。

 

ダイエット中は注意!身近な調味料にもお砂糖が加えられている?!

糖質制限をすると、食べる食材や加える調味料で健康で糖質の量が控えめな調味料を選ぶこともダイエットに成功するための一つの工夫点です。

 

けっこう知らずダイエットしていて、サラダやプロテインを食べているのに痩せにくい、痩せないというときは、サラダに使っているドレッシングに使われているお砂糖の分量、煮物に使われるみりんやだし、お味噌汁等に使われるお味噌にはいずれもお砂糖がすでに加えられている加工食品なので注意が必要です。

 

糖質制限をした食事をするときはこのように調味料やドレッシングもできればお砂糖の量を減らしたものや、レモン汁、ハーブ等、バルサミコ酢、マスタード等を使ったお砂糖が入っていない自然のドレッシングやソースを付け足すことで糖類の量を控えることができます。

 

ノンオイル・ドレッシングは実は痩せにくい真実

よくダイエットをしている人がノンオイル・ドレッシングを使ってサラダをバリバリ食べて健康的に痩せようとしている大人が多くいますが、このノンオイル・ドレッシング実はかなり曲者です!

 

ノンオイル・ドレッシングは油を使っていないので、過剰な油の量を抑えられダイエットしている人には野菜がいっぱい食べれるドレッシングと勘違しそう。

 

このドレッシングは油を使っていない分、お砂糖を加えることにより味をまろやかにさせていることが多いです。市販のものを確認してみましょう。

 

作る過程で手間のかかるノンオイル・ドレッシングだと、通常のノンオイル・ドレッシングより値段が高めになります。

 

ただ体に入れる食材でダイエット中であれば、こういった高めのノンオイル・ドレッシングを使ってだんだんじゃせていく自分の姿を確実に鏡の前で確認しながら感じるとダイエットをしている途中でも喜びがあるのはないのでしょうか?

 

コチラでももっと詳しくロカボ食事療法の糖質制限ダイエットマニュアルを行った実例を公開してますが、すでにプロのバレリーナになりたく毎日バレエのレッスンやコンクール練習をしている高校生の生徒さんや、すでにヨーロッパのバレエ学校に留学して活躍しているバレリーナの方もお問合せを頂き、ぜひトライアルで2週間のダイエットマニュアルを試してみたいということでした。

 

すでに痩せているため普通のダイエットでは今以上は痩せにくかったというお問合せだったので、実際に私が実践しているバレエ学校の栄養士監修の糖質制限食事管理マニュアルで実際に痩せるかどうか?実はちょっと心配だったんです。

 

でも結果はしっかりと2週間でダイエットマニュアルの効果を実感して頂けたし、2か月続けたところでいくつかの結果もしっかり残せるほどでした。

 

このようにここで推奨するのは健康を維持しながら、筋力をつけ引き締まった体形になりたい人だけに適するダイエット方法です。

 

ただ穏やかに痩せていく方法の体に負担の少ないダイエット方法のため、2,3日や1週間の超短期で痩せる効果があることではありません。2週間サイクルのロカボ食ダイエットマニュアルは少なくとも2か月は中期的に痩せるための期間が必要です。

 

また、神経質に糖質をすべての食材から抜き取ったり、糖質を全くとらないというわけではなく、必要な一日の糖質分は低糖質の食事(マクロビ)レベルでも必ずとるようにしましょう。

スーパーフードの【モリンガプロテイン】

ダンスでダイエットを成功したい人向け、売れ筋人気栄養サポート4選

バレリーナの食事サポートとダイエット口コミ厳選特集

おすすめの記事